滞納リスクと入居できないリスクを回避

住宅模型

家主様にとって家賃滞納による督促の手間やリスクは取りたくない一方、入居希望者にとっては連帯保証人を用意できないことによる賃貸物件に入居できないリスクを負っています。経営者にとっても借主にとっても賃貸物件を巡る悩みには深いものがあります。このような遅滞物件特有のリスクをケアするサービスが家賃債務保証です。このサービスは入居希望者が賃貸借契約を締結するときに、借主の連帯保証人的地位をはたす制度です。仮に借主が家賃を延滞した場合に、代位弁済して保証会社が一定範囲内で立て替えます。保証会社は借主に立替払いした金銭の支払を請求することになります。家賃債務保証のおかげで滞納家賃を貸主自ら督促する手間をかけることがないので、安心して入居希望者を迎えることが出来ます。

孤独死保険が付いているサービスも

マンションの模

基本的に保証会社が提供する家賃債務保証とは、延滞した家賃を立替払いすることが主たる業務です。しかし入居から最後の退去に至るまでが保証サービスの対象です。このような重い負担があるので、連帯保証人を見つけるのが難しく独身で単身者世帯の方ではしばしば入居するのに支障をきたすことになります。しかし最近では高齢の賃貸物件入居者特有の問題として、孤独死を迎えた場合の対処に注目が集まっています。そこで最近では保証会社のなかには、家賃債務保証に孤独死保険を特約としてプラスしている会社も登場しています。また退去するときでも、家賃延滞した場合の法的手続きや退去時の原状回復費用などを巡ってトラブルになることも。そこでこれらのトラブルもケアする家賃保証債務も普及しつつあります。

広告募集中